2021-06-10 [イベント告知] 第12-13回 気象制御可能性検討セミナー(2021年6月10-11日)

2050年の社会像として、「気象を制御し、豪雨や台風などの気象災害の恐怖から解放された社会」を掲げ、 2021年1月より半年間、ムーンショット型研究開発制度の新たな目標検討に向けた調査研究を進めています。 コロナ禍で避難所の感染リスクが新たな問題となっています。近年頻発する気象災害に対し、受け身の予測を超え、 先手を打つ介入制御ができれば解決策が生まれます。 気象制御可能性検討セミナーでは、気象制御の科学理論、介入操作技術、経済合理性や宗教倫理面について、 各分野の専門家の知見を集め、議論します。これにより、2050年に気象制御を実現可能とする道筋について検討します。

6月10日と11日は、2日間連続でセミナーを開催いたします。

第12回気象制御可能性検討セミナー

日時
2021年6月10日(木) 16:00-17:30 (JST)
言語
日本語
場所
オンライン
講演者
梶谷 義雄 (香川大学 創造工学部 教授)
題目
自然災害のコストとその評価手法について

第13回気象制御可能性検討セミナー

日時
2021年6月11日(金) 13:00-14:30 (JST)
言語
日本語
場所
オンライン
講演者
標葉 隆馬(大阪大学 社会技術共創研究センター 准教授)
題目
新規科学技術の社会受容と倫理的課題を考えるということ

セミナーシリーズの詳細は以下のページをご覧ください.

Author: Kohei Takatama

2021年の新着情報一覧

一緒に研究しませんか?

世界のデータ同化研究を牽引したいという希望に満ちた方、
ぜひデータ同化研究チームまでご連絡ください。
E-mail: da-team-desk(please remove here)@ml.riken.jp

データ同化研究チーム

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町 7-1-26
国立研究開発法人理化学研究所 計算科学研究センター データ同化研究チーム

E-mail: da-team-desk(please remove here)@ml.riken.jp

ページトップへ