イベント/メディア
イベント一覧ページヘ戻る

第1回理研AICS-京大数学合同データ同化研究会

2013年8月9日
場所:理研AICS R104-2

データ同化研究チーム集合写真

研究会趣旨

データ同化は、シミュレーションと現実世界とを結びつける統計数理に基づいた学際的科学である。本研究会は、理研AICS・データ同化研究チームと京大数 学・坂上研究室との間の数学応用連携を実質的なものとして深めるため、それぞれの研究室の活動を交互に紹介し、データ同化に関する数理と応用の議論を深め て、参加者の意識共有を図る。

プログラム

時間 講演者 タイトル
10:20-10:30 開会・趣旨説明 -
10:30-11:15 島伸一郎(兵庫県立大) 粒子フィルタの基礎とその試計算
11:15-12:00 中野直人(東北大) 高次元埋め込みと主成分分析によるスカラー時系列解析~平滑化から予測まで~
12:00-14:00 ===== 昼食===== 花鳥園
14:00-14:45 近藤圭一(筑波大) マルチスケール構造を考慮したアンサンブルデータ同化について
14:45-15:30 坂上貴之(京大) 「気象学におけるビッグデータ同化の数理」に向けて
15:30-16:00 ===== 休憩 ===== -
16:00-16:45 大塚成徳(理研) 離散ベイズフィルタを用いたマルチモデルアンサンブルデータ同化手法の開発
16:45-17:30 森田英俊(京大) An application of (Conley-)Morse graph to meteorological data
17:30-18:15 「京」見学ツアー -
18:30- ===== 懇親会 ===== -

参加費

昼食費:1,500円(花鳥園バイキング入園料込み)
懇親会:3,500円(学生1,500円)

参加者

三好建正(理研)
大塚成徳(理研)
近藤圭一(筑波大)
島伸一郎(兵庫県立大)
沢田雅洋(東大)
寺崎康児(理研)
藤原義久(兵庫県立大)
大東真利茂(兵庫県立大)
安田修悟(兵庫県立大)
坂上貴之(京大)
國府寛司(京大)
中野直人(東北大)
森田英俊(京大)
斉木吉隆(一橋大)
三ツ井孝仁(東大)
加藤伸之(兵庫県立大)
溝内健太郎(兵庫県立大)

ページトップへ