統計数理研究所 数学協働プログラム
English page

気象学におけるビッグデータ同化の数理

◊開催日時:
2014年 3月19日 (水) 〜 2014年 3月21日 (金・祝日)

◊場所:
京都大学大学院理学研究科 理学部3号館110号室  (地図・アクセス)

◊主催:
京都大学大学院理学研究科
理化学研究所
(第2回理研・京大合同データ同化研究会として開催されます.)

◊協賛:
気象学=数学連携研究チーム MaeT
JST/CREST 三好チーム: 「ビッグデータ同化」の技術革新の創出によるゲリラ豪雨予測の実証
   

◊運営責任者:
坂上貴之(京都大学 大学院理学研究科)
三好建正(理化学研究所 計算科学研究機構)
稲津 將(北海道大学 大学院理学研究院)
斉木吉隆(一橋大学 大学院商学研究科)
中野直人(東北大学 原子分子材料科学高等研究機構)

◊基調講演:
Professor Brian Hunt (University of Maryland)
"Ensemble Methods for Complex Models and Big Data"

◊招待講演(敬称略):
中村和幸 (明治大学)
三好建正 (理化学研究所)
平岡裕章 (九州大学)
別所康太郎(気象衛星センター)
牛尾知雄 (大阪大学)
伊藤公人 (北海道大学)

◊参加登録:
不要

◊ポスターセッション:
本研究集会では本課題周辺のテーマを中心としたポスターセッションを行うことにしております.
※ポスター発表の受付は終了しました.

* 本ワークショップの講演・討論はすべて英語でおこなわれます.

尚.本ワークショップは「文部科学省委託事業 数学協働プログラム(受託機関:統計数理研究所)」に基づき,
下記の日本学術振興会科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金)の援助を受けて開催されます.
挑戦的萌芽研究 課題番号25610028(代表者・坂上貴之)

last updated: 18th March 2014