イベント/メディア
イベント一覧ページヘ戻る

第2回 理研データ同化ワークショップ

現在,参加お申し込みを受付中です(9月10日まで).

概要

主 催
理化学研究所計算科学研究機構(AICS)
日 時
平成29年9月25-26日
場 所
理化学研究所 計算科学研究機構 講堂(6F)
兵庫県神戸市中央区港島南町7丁目1-26
会場へのアクセスはこちら
対 象
国内の研究・学術機関や企業等の研究者、大学院生
言 語
日本語
費 用
無料(懇親会費は除く)
発表者には旅費の支給制度あり

趣旨

データ同化は、力学系理論と統計数理に基づきシミュレーションと実測データを融合する学際的科学です。 これまで、大規模問題におけるデータ同化は気象学分野において天気予報を実現する技術として高度に発展してきましたが、 近年シミュレーション科学の発展に伴い、地球惑星科学や生物学、脳神経科学など、その応用範囲を広げています。 今後、応用研究および理論研究をさらに進展させることで、データ同化はイノベーションを生み出す科学技術ハブとなることが期待されます。 そこで、理化学研究所 計算科学研究機構では、 「データ同化をハブとした数理科学、実験・観測科学、シミュレーション科学の融合研究のイノベーションハブの形成」に取り組んでいます。

昨年度の「理研データ同化ワークショップ」では、この活動のキックオフとして 物質科学・生物学・創薬等のデータ同化応用分野を含む多くの研究者と議論を行い、情報を共有しました。 今年度は、さらに応用範囲を広げるとともに、産業界にもリーチします。 招待講演には、大学や公的研究機関から、生態系・流体工学・火山・感染症の各分野の専門家をお招きすることに加え、 企業から、エネルギー・地下水流動の専門家をお招きします。 さらに一般講演およびポスターでの発表を募集し、データ同化に関して広く活発な議論を行います。 産学の垣根を超えた交流を通じて、産業応用も視野に入れた広範なデータ同化研究コミュニティの形成および拡大に貢献することを目指します。

招待講演者予定者

加藤 知道
北海道大学(生態系)
加藤 博司
JAXA(流体工学)
小屋口 剛博
東京大学(火山学)
西浦 博
北海道大学(感染症)
西村 浩一
大阪ガス(エネルギー)
山本 真哉
清水建設(地下水流動)

(敬称略、五十音順)

プログラム

本ワークショップは招待講演と一般口頭発表(9月26日)及びポスター発表(9月25日)で構成されます。

募集についての詳細は「参加申し込み」をご参照ください。

下記のプログラムは変更になる場合があります。

9月25日(月)

時間 内容
13:00-13:30 受付
13:30-17:30 ワークショップ 1 日目
18:30- 懇親会@三宮駅周辺

9月26日(火)

時間 内容
09:00-09:30 受付
09:30-15:00 ワークショップ 2 日目

費用

本ワークショップの参加費は無料です。

懇親会参加者は各自実費負担となります。

参加申し込み

申し込みフォーム (新しいタブ/ウィンドウが開きます)

申し込み期限: 9月10日

一般講演をご希望の方へ

データ同化に関連するものであれば発表内容は問いません(例えば、研究紹介、疑問、悩み、データ同化への期待など)。

一般講演をされる方で、旅費の補助を希望される場合は、お知らせください。

※ご希望には必ずしも添えない可能性があることをご了承ください。

※旅費支給の可否については、9月14日ごろにご連絡いたします。

口頭発表

口頭発表の講演時間は質疑応答を含めて 15 分程度を予定しております。

お申し込み多数の場合には、ポスター形式での発表に変更させていただくこともあります。

ポスター発表

ポスターの大きさは縦120cm、横90cm以下とします。

ライトニングトーク形式(短時間,質疑応答なし)でポスターを紹介することもおすすめします。

ご注意

聴講のみの方も必ず期限までにお申し込みください。

申し込み期限以降の参加は受け付けておりません。

入力いただいた情報は、国立研究開発法人 理化学研究所 個人情報保護規定に則り厳重に管理し、本ワークショップ運営の用途に限り使用されます。 これらの情報を正当な理由なく第三者への開示、譲渡及び貸与することは一切ありません。

お問い合わせ

理研データ同化ワークショップ運営事務局

E-mail: daws-staff(at)riken.jp

※(at)を@に変えてください。

ページトップへ